【積み立てNISA恒久化】

投資税率が上がる前に始めよう

こんにちは!

今年5月に自民党の金融調査会が

岸田首相にNISA恒久化を

提言しましたね。

もう始めていた投資家たちには

重要な情報になっただけでなく、

これを機にNISAに興味を持った方も

多いと思います。

今回のメルマガは

一般NISAと積み立てNISAの違い

そして恒久化によって

どのようなメリットがあるのかを

ご紹介します。

■一般NISAと積み立てNISAの違い

まず前提として、

株式売却や配当などで得た利益は

通常20.315%の税金がかかります。

この税金がかからないのが、

2014年から始まった小額投資非課税制度

NISAであり、年間の一定額の投資枠から

得た利益に対して、税金が非課税になる

というのが特徴です。

NISAには一般NISAと積み立てNISAがあり、

この2つには違う点がいくつかあります。

まず、年間投資上限額ですが

一般NISAの場合、

1年間で投資できる上限金額、

そして非課税の対象になるのが

120万円までとなります。

しかし積み立てNISAの場合、

1年間で投資できる上限金額(非課税の対象)は

40万円であり、

例えば毎月33,333円積み立てするように

設定すると

最大限非課税枠を生かしておくことが出来ます。

2つ目は、投資可能期間であり

一般NISAは

2023年までに口座を開設すれば

5年間は非課税となります。

一方、積み立てNISAは

法律改正によって投資可能期間が

2037年から5年間延長されて

2042年までになったので

2022年から始めれば

20年間は非課税になります。

■NISA恒久化によるメリット

今回、恒久化されるのは一般ではなく

積み立てNISAであり、

非課税期間と投資期間の

恒久化を予定しています。

積み立てNISAの口座を開設できるのは

2024年までと決まっていましたが、

もし恒久化されれば

いつ始めても非課税の対象になり、

さらには投資利益が非課税とされる期間も

永続的に続くことになります。

それに加えて、岸田首相は

成長と分配を就任時に目標として掲げており

所得倍増計画として

国民の給料を上げていく代わりに

今後、投資税率20.315%を

よりアップさせる可能性が高いです。

さらに積み立てNISAは

始めるのが早ければ早いほど

トータルでもらえる非課税枠が多くなるので、

その分税制面で有利になります。

もし積み立てNISAに興味のある方は

この先の恒久化を見据えて、

早めに口座を開設した方が

お得かもしれません。

また、一般NISAは2024年から

新NISAに変更になるようなので、

興味のある投資家の方は

そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA