【最高の企業を見つけるためには】

鍵は財務諸表を読み解く力

こんにちは!

近年、世界一の投資家と呼ばれる

ウォーレン・バフェット氏が

執筆した投資術の本が話題になっています。

果たしてバフェット氏は、

投資を行うのに最良の企業を

どのように判断しているのでしょうか。

今回のメルマガは、

投資するべき企業の見分け方、

そして財務諸表から何が分かるのかを

ご紹介します。

■投資すべき企業の見分け方とは

まず、投資を行う際に注目すべき企業は

  • ユニークな商品
  • 国民から受け入れられやすいサービス
  • 安いコストで仕入れ、そして売っている企業

これらに当てはまる企業の株を、

長期保有をするという考え方です。

しかし、前述の条件に当てはまる企業を

どう見つけ出せば良いのかまでは

あまり知られていません。

まず一つ目は、企業の出している情報を

しっかりと読む事で

優良企業を見つけやすくなります。

注目されていない株を早めに買い、

株価が低迷し続けていても

しばらく見守る投資家もいます。

しかし、注目されていない株が、

株価の低迷を抜け出して上昇するには

長い年月がかかってしまう事がほとんどです。

また、その株が果たして

アップルやコカ・コーラのように

上昇していく事が出来るのかは分かりません。

そのため株価チャートだけを見るのではなく、

企業の財務諸表を読む事をオススメします。

■財務諸表から分かる事

財務諸表とは

企業の経営判断をするための指標であり、

決算期に開示されます。

企業の「損益計算書」や「貸借対照表」などが

記載されており、

最初は難しく感じるかもしれません。

最近では財務諸表や決算に関して、

分かりやすく解説されている本が増えているので、

最初の内は

それらを参考に読み解いていくと良いでしょう。

決算資料には見るべき項目が沢山ありますが、

まずは利益の源泉が何か

に注目するのが大切です。

一番分かりやすい例だと、

コカ・コーラ社の利益の源泉は

社名と同じコーラです。

利益の源泉が不鮮明な企業の株に

むやみ手を出さず、

「この会社は一体何の商品で

利益を得ているのか」を

自分がしっかりと理解できる企業の株を

買うのが良いでしょう。

そして最後は、

純利益(企業の最終的な利益)が

どのくらい残っているのかを

確認する事をオススメします。

この純利益が右肩上がりに成長していれば、

その企業に投資する方が良い可能性が高いです。

「リスクを抑えた投資をしたい」

「長期投資で良い株をずっと保有したい」

そのためには今後、

財務諸表を簡単に読める程度になることが

一番の近道かもしれません。

バフェット氏が投資するコカ・コーラ社の株は、

所有しているだけで毎年配当がある高配当株です。

興味のある投資家は是非、

今回ご紹介した投資方法も含めて

チェックしてみてはいかがでしょうか?